« 味覚がピンチだ | トップページ | 愕然とするとき »

夢を見た

突然だが場所は戦場。刀をもった男たちが切りつけあう。
なんでかわからんが俺も戦闘に参加しているらしい。

誰が敵で味方なのかわからない乱戦状態。
そうこうしているうちに背中から切られてしまった。
思わず地面に倒れこむ。
背中が熱い。だが致命傷ではないようだ。
聞こえてくる音から戦闘も終結しつつあるようだ。
このまま死んだふりをしてやりすごそう。
お、どうやら戦闘が終わったようだ。後は生き残った連中が引き上げるのを待つばかりだ。

「オイ、こいつ生きてんじゃないのか?」
しかし非情にも倒れこんだままの俺にかけられる声。そして振り下ろされる刀。
バッキャロー!俺が生きてることに気がつくんじゃねーっ!!
と思いつつ死亡。

という夢を見た。
死亡する夢は正直辛いのですが、どうにかなりませんか。

|

« 味覚がピンチだ | トップページ | 愕然とするとき »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103276/4280855

この記事へのトラックバック一覧です: 夢を見た:

« 味覚がピンチだ | トップページ | 愕然とするとき »